アメリカ不動産投資でグローバルな視野を持とう|魅力的な投資方法

模型を持つ男性

個人投資家向けの金融商品

一軒家

有力な投資方法の一つ

個人投資家の投資対象としては、アメリカ不動産投資が有力な方法の一つとなっています。アメリカは世界の中でも最も経済が堅調となっている国であるために、不動産市場も好調に推移する可能性があります。また、アメリカでは依然として人口が増えている国であるため、長期的にもアメリカ不動産投資は報われる可能性が高いと考えます。そのため、世界ナンバー1の経済大国であるアメリカの不動産投資を資産の一部で運用すると、ポートフォリオに安定感が出てくることが期待できます。なお、個人投資家がアメリカ不動産投資を行うには、マンションの1室などを購入するよりもアメリカ向けの不動産投資信託を購入すると簡単です。アメリカ向けの不動産投資信託ならば、数万円程度の投資額で購入することが可能です。

分散投資効果と高い分配金

アメリカへの不動産投資を行うには、アメリカ不動産投資信託を活用すると便利です。アメリカ不動産投資信託の特徴としては、まずアメリカの多くの州の不動産へ分散投資ができることが挙げられます。アメリカ不動産投資信託が投資を行う州としては、本土の都市部や地方の他にハワイの不動産も含まれるようになっています。そのため、一部の州の財政状況に左右されない運用が可能となります。また、アメリカ不動産投資信託を購入すると、定期的に配当をもらうことができるようになります。アメリカ不動産投資信託の配当は比較的高利回りとなっていることから、日本の個人投資家にとっては魅力的です。さらにアメリカ不動産投資信託では毎月分配型を選ぶと、月に1回分配金を受け取ることが可能になってきます。